トップページ

 製造の現場で外国人を円滑に雇用するための情報を提供しております。

はじめに

 少子高齢化は随分前から言われておりましたが、日本は人口減少の時代を迎えました。そして生産年齢人口の減少を補うべく、新たな就労資格の検討がなされております。 移民政策を行っていない日本では、外国人の単純作業は原則認められていませんでしたが、人手不足が顕著な業種に限って外国人の単純労働を認める方向で検討がなされています。  厚生労働省が発表した平成29年10月末現在のデータによりますと、1,278,670人の外国人が働いています。これは前年同月比で194,901人、率にして18%の増加です。

 既に多くの外国人が働いていますし、それは皆さんが実感として持っていると思います。外国人や技能実習生をめぐるトラブルなどはニュースで見聞きすることも多いと思います。現在検討されている新しい就労資格が必要かどうかは別として、外国人人材が居ないと成立が危うい業種があるのも事実です。

 仕事をする中で感じたこと、外国人ネットワークから知った情報などを基に外国人雇用の現状や対策をざっくばらんに書いています。

 

 

目次